フリーター、既卒が正社員採用されるための決め手を伝授!就職率80.3%、定着率94.3%を誇る「就職支援のプロ」におまかせください。


フリーターから活躍できる職種

フリーターから活躍できる職種の特徴

  • 専門知識がなくてもできる職種
  • 比較的経験がなくてもこなせる職種
  • 中長期的に教育をしてくれる職種
  • 優れた感性があれば活躍が見込める職種
  • 多くの企業で募集している職種

知識や経験が問われる職種でフリーターの方が正社員採用されるのは正直難しいのが現状です。しかし中には、入社してから中長期的に社員を育てていこうという職種もあります。その意味では、中期的に成果を求められることの多い営業職などはフリーターが活躍できる代表的な職種だと言えるでしょう。また、感性を活かして活躍できるような職種、多くの人員を必要とするような職種などもフリーターへの門戸は開かれていると言えます。詳しくは下記をご参照ください。

フリーターから活躍できる職種

サービス・販売職

サービス・販売職

店舗や施設などにおいて、商品やサービスを紹介したり販売したりする職種です。正確に商品・サービスの特徴を把握し、分かりやすく説明できる能力が求められます。また接客するケースが多いので、お客様に好感を持っていただかなくては勤まりません。そのためには言葉遣いや表情、立ち振る舞いなどしっかりとしたマナーを身につけておくことが必要です。

営業職

営業職

個人や法人に対して商品やサービスの魅力を紹介し、購入または契約してもらう職種です。事前にマーケティングやリサーチを行い、どんなお客様に対してどのような方法で提案するかを考えます。そしてお客様が必要なものを必要とするタイミングで販売する職種です。また、営業職は会社のお金を稼いでくる(直接的に利益に結びつける)ということから全ての業界において必要な存在でもあります。

一口で営業と言っても「飛び込み営業」「電話営業」「提案営業」「反響営業」など、販売する相手や方法によって多種多様なスタイルがあります。それぞれの営業手法については「営業職をもっと知る」で詳しくご紹介します。

事務職

事務職

営業職同様、会社に必要な存在であり求人数が多いのが特徴。ただし未経験かつ正社員での採用は狭き門で、派遣社員や紹介予定派遣社員での採用が増えているという現状があります。これは、派遣社員を雇用できる職種が原則として自由化されることになった派遣法の改正(2003年施行)が大きく影響しているのです。

また事務職には、経理や財務といった専門的な職種から、総務やデータ入力といった仕事が覚え易い職種まで幅広くありますので、具体的な職務内容を確認してから応募するように心がけましょう。

クリエイティブ職

クリエイティブ職

雑誌やWebサイトの編集、デザイナーといったセンスと時代のトレンドを掴む能力を要するクリエイティブ職。センスで仕事ができると言うと非常に聞こえは良いですが、その分非常に厳しい世界でもあります。多くの場合、バイタリティと仕事に対する熱意が人並み以上ある人でないと勤まらない職種です。

フリーターの方でもセンスや人柄が認められて就職にいたるケースもありますので、大学の専攻科目や今までの経験を活かすべく飛び込んでみるのも良いでしょう

技術職

技術職

機械工学技術やエレクトロニクス技術を利用して様々な機械部品を開発する技術職。IT関連の技術職では、ハードウェアの開発・設計・管理に携わるSE(システムエンジニア)やソフトウェアの開発・設計に携わるPG(プログラマー)などが代表的な存在です。通常、クライアントの要件に対して、少人数のプロジェクトチームを編成して開発にあたります。現在各業界で技術者不足が叫ばれており、未経験者を採用して自社で育成しようと考える企業が増えています。

このページの上まで戻る