フリーター、既卒が正社員採用されるための決め手を伝授!就職率80.3%、定着率94.3%を誇る「就職支援のプロ」におまかせください。


営業職をもっと知る!

営業って、“キツそう”“ノルマが・・・”などと悪いイメージが先行しがちですよね。でもそのイメージは本当にかたよっているんです。 営業といってもいろんな種類があって、業界や会社のよってもさまざまです。 ここでは「営業の種類」と「営業の魅力」をご紹介します。

営業職の種類

1. 新規営業

今までお付き合いのないお客様を探す営業。まったく知らない会社へ電話をかけたり、訪問したりして自社の商品を紹介します。新規営業はゼロからお客様との関係を築きますので、受注したときの喜びは何にも勝る、と言われています。

2. ルート営業・既存客営業

商品を定期的に購入をしてくれるお客様や、過去に購入したことがあるお客様への営業。定期的に訪問をして、困っていることはないか、自社の商品に不具合はないか、今後どのような商品が欲しいか、などを聞いてきます。お客様とのより深い人間関係を築いていくことが重要な営業です。

また営業のやり方にもいろいろあります。

  • 飛び込み営業
    新しいお客様を探すために、知らない会社に約束なしで訪問して営業します。
  • 電話営業
    新しいお客様を探すために、知らない会社に電話をかけて営業します。
  • 提案営業
    いろいろな提案をすることで、お客様の気付いていない価値や問題に気付かせ、その解決策として営業をします。
  • 反響営業
    新聞やインターネットなどで広告を見たお客様からの、電話やメールでのお問い合わせに対して営業します。

会社によって営業方法の呼び方は異なり、明確な定義があるわけではありません。いずれにしても営業職は、「改善点を発見するための提案をしたり、解決するための企画を提供したり、悩みを解決するための相談(コンサルティング)を受けること」が営業の基本なんですよ

営業職の魅力って?

営業職の魅力って?

営業とはズバリ、お客様の悩みを聞くことです。「なぜ必要なんですか?」「なぜ今なんですか?」「なぜ……」と聞くことでお客様のニーズを引き出すのです。そして、自社の商品やサービスでその悩みを解決すること。それが営業の仕事です!

営業のことは営業に聞くのが一番早いということで、20代の若手営業マンからベテラン営業マンまで、現在営業職に就いている100人に聞きました。

Q.営業の魅力って何ですか?

  • 多くの人と会うことで人生経験を積める
  • 会社の売上に直結する重要なポジション
  • コミュニケーションスキルがあがる
  • 人脈が広がり、困ったときに助けてくれる人が増える
  • とにかく成長を体感できる
  • 精神的に強くなる
  • 仕事の仕方の自由度が高い
  • 実力次第で給料があがりやすい
  • 後のキャリアに役立つ(選択肢が広がる)

営業に向いている人

職種にはよく向き不向きがあると言われますが、営業職の場合はどうでしょうか?フリーターの方や社会人経験が無い人に話を聞くと「自分は営業向きじゃない」と答える人が本当に多いのです。でも本当に向いてないのでしょうか?

一般的な「営業に向く人の条件」はこんな感じです。

  • 声が大きく元気のある人
  • 行動的で実行力のある人
  • 常に成長したいと考えている人
  • 誰かのために何かをしてあげたいと思える人
  • 笑顔が素敵な人
  • 聞き上手な人
  • 決断力のある人
  • 人の気持ちが分かる人
  • 誰とでも打ち解けられる人

実はこんなタイプも営業向き

  • 人見知りが激しい人⇒対人感受性が鋭いだけで、慣れれば大丈夫です
  • 話しベタな人⇒営業の鉄則は「話し上手より聞き上手」
  • 気が弱い人⇒経験によって自信はついてくるので大丈夫ですよ

人見知りする人が営業向きじゃないかと言えば、必ずしもそうとは限りません。対人感受性が優れているので営業に向いているとも言えますし、慣れれば能力を発揮する、なんてことも少なくありません。では、話すことが苦手な人はどうでしょうか?営業は「話すこと」以上に「聞くこと」が大事。聞くことが得意であれば大丈夫ですよ。また気が弱い人がトップセールスマンになることだってあります。経験によって自信がつき、潜在能力が開花することだってあるんです。

これだけはNG

  • 時間を守らない人
  • 約束を破る人
  • 挨拶ができない人
  • 嘘をつく人
  • 不誠実な人
  • 感謝できない人
  • 自分のことしか話さない人
  • 不潔な人
  • 考えることをしない人

これは「営業に向かない」というより社会人としての常識的な部分です。逆に社会人としてのマナーを身につけさえすれば、誰にとってもチャンスがある職業だとも言えます。フリーターの方はイメージだけで判断せずに、営業職も視野に入れつつ就職活動をしてみてはいかがでしょうか?

このページの上まで戻る